FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナルより

昨晩偶然にNHKで放送されていたTV番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ましたん。

以前からこの番組は好きで、流石天下のNHKだな と関心していたのですが、

今回のを見て更にその思いが大きくなりました。


今回のテーマは「プロが胸に刻んだ言葉」みたいなお話でした。

そこで私もその言葉を胸に今までの自分を振り返ってみたいと思いました。




---『おまえが考える七割で良しとして 褒めてやれ』---

リーダーに必要なスキルだとか言われている、人を伸ばす基本らしい。
たしかに、私も褒められるとヤル気がでます。
今で社員や家族に「ここがダメだ!」「もっと頑張れ!」などの言葉ばかりで、あまり褒めていませんでした。
もっと仕事をスムーズに行うには、まず褒める事をして 仕事場の空気の改善から始める事が大切なの かな?


---『得るは、捨つるにあり』---

何かを極めるために必要なのは得る事を頑張るのではなく、それ以前に捨てることを頑張る必要があるらしい。
確かに今までの農業経営では現状維持を最優先に 無難に 無難に がモットーだった様に思います。
私も 周囲の農家も・・
これでは農業を極める事なんてできるハズがないのかもしれない・・
私が炭素循環農法を極めたいなら、今までの常識や柵、現金収入など できる範囲で捨てて
それこそジュエル捨て身タックルするぐらいの勢いが必要なのか も?


---『決まった道はない 行き先があるだけだ』---

何かを成し遂げようとする上で決まったやり方はないのだそうだ。
ただ目標地点があるだけで、そこへの道は自分で見つけて 選んで 歩んでゆけばいいらしい。
確かに、炭素循環農法をする上で、畑の完成までの最短ルートはあるらしいけど
私はそれを歩むつもりはありません。
私が目指すのは私のやり方での炭素循環農法であり、他の人とは違ってくるハズ。
だから、教科書通りになるハズはないと考えています。
5年は失敗する覚悟で 10~15年後に「できたー!!」って思えるぐらいで 私は丁度いいと思う。
失敗しておけば 何が失敗で何が成功か 両方わかりますしね。 

でも 基本は一番大切だから基本なのであるから、教科書の知識は熟読しております。


---『自分の場所に誇りを持つ人が好きだ』---

今自身に与えられている環境に誇りを持つ事が成功への近道だー的なリンカーンの言葉らしい。
たしかに、どんな仕事に就いてもその仕事を天職だと思ってヤレ って誰かも言ってたので
たぶんソユ事だろう。
でも、これは仕事だけじゃない筈。
生きている場所 一緒にいる人間関係 今ある能力・物資など
それら全てにおいて
「これだけは足りない!もっと欲しい!!」 と思うのではなく
「こんなにあるんだ! これで勝つる!!」 と思うべきって事なのかな たぶん。


---『人は変えられないが自分は変えられる』---

人はなかなか変わらないもの。でも自分は意識転換ができれば比較的変えやすいらしい。
これは野球の野村監督が言っていた言葉に似てる。。
「人を変えるには 自分を変える必要がある
  自分を変えるには 考え方を変える必要がある
   考え方を変えるには 言葉遣いを変える必要がる
    言葉遣いを変えるには 言葉を知る必要がある 本を読め!」みたいなー

周りの環境を変えたいなら、自分が率先して動かなくてはならないのは当然だしね。
他人をどうこう言う暇があるなら 自分が頑張ればいいんだよね たぶん。



以上です。




うん!

なんだか短い間で一冊の本を読んだぐらい成長できた気がするぞw



みんなの座右の銘はなんですか?

そこから私も色々学びたいので、教えてくださひ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZUMI

Author:KAZUMI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。