FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩き方は全部同じカモ・・

古武術の身体の使い方を中心に、自身の身体操作を考えている毎日。


歩き方も

ナンバ歩き 表ナンバ 裏ナンバ(転体) 2軸走法 並足・・色々な方法があると言われていますが

最近思うのは、「どれも同じなんじゃないか?」と思えるよーになってきました。

身体の動いている部分としては、全部違うので違う歩き方と言えば「違う」のですけど

イメージ的には、「どの程度で歩くか」の違いだけなのですよね。


歩数を少なくした方が楽なら ナンバ(表ナンバ)で歩く。

歩幅を少なくした方が楽なら 転体(裏ナンバ)で歩く。

手荷物を持っているなら手は振らない方がいいから、そーゆー歩き方をすればいい。

手を振ったほうが歩きやすい歩調なら そーゆー歩き方をすればいい。

跳躍力を得たいなら並足だろうし

お茶を運ぶよーな場合には摺り足になるよね。


基本は同じ 重心移動をスムーズに行う という事で

その方法は時と場合によって様々だから、固定観念で歩いてしまうと難しくなる。

身体が歩きやすい方法で運行してもらえばいいじゃないかな。 タブンネー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

表ナンバと裏ナンバの違いがいまいちイメージがつかめないです…(´・ω・`)
転体って言うのは右半身と左半身を切り替えを連続で行う歩き方でしょうか?

今ナンバ走りも取り入れていますが、俺の場合ナンバではまだ短距離走並みのスピードは出せていません。(出せて中距離走ぐらいのスピードです。)
人が見て速く移動した様に見せる身体操作法なのかな?って言うのは1つ見つけましたが。

歩き方、走り方も使別けた方が良いのかもしれませんね。
ランニングにはナンバ、短距離走の場面では2軸走法とかストライド走法等のように。

こちらももうちょっと走りの研究してみます!(`・ω・´)

コメント返信

イノマさん コメント有難う御座います♪

転体は、イノマさんが考えている通りだと思います。
同側の手足を同時に出すのが表ナンバ
転体を利用するため、手足の別の側同士が出るのが裏ナンバ だったかな

でも
やろうとしている事は一緒だと思うのです。
違いは歩くときの軸の位置。
表ナンバだと軸にする部分が左右の肩を往復しているのですが
裏ナンバだと心中線のままで歩ける
そんな違いなだけなだーと感じています。

イノマさんも色々気付きがあるみたいなので、
機会があればまた情報交換したいですねー


あと、
今年7月にNHKスペシャルで「ミラクルボディ」という番組があるのですよ。
第一回がウサイン・ボルト
第二回が内村航平
第三回がマラソン最強軍団(アフリカ勢)

このCMを見ると
短距離のボルト選手は並足の使い手に
マラソンのアフリカ勢はすり足(フラット走法)の使い手に見えるのです。
それらを科学的に調査した番組らしいので、
見てみると何か気付けるかもしれませんよー

私はまだ走りの研究まで行けていませんが、自身で色々な発見をしてゆきたいと思います♪
プロフィール

KAZUMI

Author:KAZUMI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。