FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家のまーけてぃんぐぅ?

まず、昨日の記事で他の有機栽培農家の悪口みたいな事を言ってしまい申し訳ありませんでした。

あれは、考えの違いとか売り方の違いだということが今日わかりました。

私の捉え方が間違っていたのです。


というのも、

今日は折角の雨模様だったので、またカフェに言って本を読んできたのですよね。
(※カフェについてはまた後日書きますわ)

今日の本は「新人OL、つぶれかけの会社をまかせられる(佐藤義典著)」です。

一時期書店で平積みされていた事もあったので、読んだことがある人も多いかと思います。

この本を読んで、私と一般的な少量他品目有機栽培農家との差につても考える事ができたのです。

それと、マーケティングの初歩も学ぶことができました。



折角ですので

ざっくりとですが、農家としての私のマーケティングにつてい書いてみたいと思います。

1、お客様はどう嬉しい?
・レタスの使い方(価値)は?
加工用とは違い、スーパーへで小売される。
レタスの使い方はサラダがメインであると思われるので、サラダとして食べやすいと嬉しい。
苦いレタスは美味しくないのでイラナイ。

・ハクサイの使い方(価値)
大別して漬物用加工ハクサイと小売ハクサイという二つの使い方がある。
小売ハクサイは、最終消費者宅で漬物にも鍋にも使用されるから両方にマッチした商品がいいのカモしれないけど
漬物用ハクサイとか 鍋用ハクサイとか そーゆー特性を解って買えたらいいのになー

・ナスの使い方(価値)
漬物用がメイン  ・・だと思うけど、業者との繋がりが薄いので、今後情報収集が必要なトコロ。
漬物業者の場合、小さめの食べやすいサイズがいいのかな。


2、お客様はどんな人?
レタス・ハクサイのメインターゲットは、スーパーなどに卸している大手バイヤー。
ナスは漬物の加工業者。
大量にその野菜を必要としてくれているトコロならどこでも大丈夫なのかな?
その場合、一定の品質と数量をコンスタントに生産する事が必要になってくる。
その上で新たな価値を提供できればいいと思う。


3、お客様はなぜ私から買うのか?
現状で我が家独自の強みや差別化は難しいだろうと思う。
だけど、これから炭素循環農法(たんじゅん農法)など実践してゆく段階で改善はできると思う。
理想を言うなら以下のよーなトコロかな。

・同じハクサイを作る農家で、我が家より大規模な農家は地域に沢山います。
でも、その中でたんじゅん農法を実践するのは私だけです。
その品質の差は我が家の強みなるでしょう。

・同じハクサイを作る有機栽培農家は他にもいます。
でも、その中で数haの規模で行っている農家は少ないのではないでしょうか。
その出荷数量の差は我が家の強みになるのではないでしょうか。

※その分品数は限定されますけど、そこはこの際捨てます。


手軽軸・商品軸・密着軸の理論でいうと、我が家の主軸は手軽軸です。
しかし、他の軸でも平均点は取りたいのです(各軸の優先順位は「手軽軸>商品軸>密着軸」の順番)。
となると・・
手軽軸は、低コスト高効率の大量生産により一般消費者に広く手にとってもらえるようにする。
商品軸は、全商品をたんじゅん農法で栽培し、付加価値をアップさせる。
密着軸は、バイヤーや市場の意見を取り入れた栽培体系を検討する。

少量他品目有機栽培が宅配サービスによる販売方法を選んだ理由は、ここの違いにあるらしいです。彼らの場合は優先順位が、「密着軸>商品軸>手軽軸」だから、私と考え方が違って当たり前なのです

4、価値はどう実現する?
●売り物
たんじゅん農法を取り入れることで、安心・安全・美味しい・美しい・長持ち という付加価値をプラスする。

●売り方
新しいパッケージングの提案や 契約栽培の提案が可能になるだろう

●売り場
市場出荷をよりよい条件で行えるようにもなる。
または、新たに契約栽培を行うことで、業者と直接取引も可能になる(こちらはリスク増加の可能性を含む)。

●売り値
現状は市場任せ。
だけど、私への期待が高まれば、市場の価格も上昇せざるを得ない状況になる カモ?
それで満足できなければ、自分で契約を取って来いって話になるのかな。

私の期待としては、売り物を作る段階で私の仕事は終わりでもいいかな。
家族経営なのに、それ以外に手を出して失敗するリスクを増加させるよりは、今までの経験を活かして市場に販促等を任せてしまってもいいと思う。
値段も、もっと貰えれば嬉しいけど、たんじゅん農法で低コスト化がすすめば、価格上昇の必要性は低いのではないかとも思います。


5、そもそもなぜそんなコトをするのか?
私は、より多くの人が買える価格で美味しくて健康な野菜を数多く提供したいと考えます。
私が成功できれば、たんじゅん農法の普及が加速するでしょう。
その結果、日本中で普通に自然栽培食品が食べられるようになる。
その後、海外へも普及し、世界全体で自然栽培食品が普通に食べられるようになってゆくことでしょう。
健康な食品は健康な身体と心と作ります。
健康な心が世界中に充満すれば、共存共栄の精神が支配する世界になると信じます。
それが私の考える「世界平和」なのです。

100年先の慣行農法の種を私達が撒きたいと思います。



以上です




今日から勉強して今日考えた人の案なので 今はこんなトコロかな?

細部は今後たんじゅん農法を確立してゆく中で徐々に詰めてゆければいいかなー と思います。

乞うご期待w
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZUMI

Author:KAZUMI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。